6.ゴルフ場関連資料 1922(大正11)年 右側 | ミライon図書館

長崎県の郷土資料

6.ゴルフ場関連資料 1922(大正11)年 右側

 

 

倉場富三郎(トーマス・グラバーの息子)は、長崎ゴルフ 倶楽部の幹事長を務めていました。彼は、雲仙ゴルフ場の造成計画の中心人物として尽力しています。

COPYRIGHTc NAGASAKI PREF. & OMURA CITY LIBRARY. ALL RIGHTS RESERVED