図書館概要 | ミライon図書館

図書館案内

図書館概要

施設概要

所在地

長崎県大村市東本町481番地

敷地面積

16,217.81㎡

建築面積

4,873.95㎡(ミライon全体)

延床面積

13,325.87㎡(大村市歴史資料館を含むミライon全体)

構  造

鉄骨造 地上6階

駐車台数

205台(第1駐車場 188台、第2駐車場 17台) ※パーキングパーミット8台含む

ミライon図書館とは

ミライon図書館は、県立図書館と市立図書館の施設区分のない一つの図書館として整備されました。

目指す図書館像

  • 知の拠点として県民市民を支える図書館

  • 全ての県民市民がサービスを利用できる図書館
  • 県民市民と共に創る図書館
  • 出逢いにあふれる楽しい図書館
  • 未来を創造する礎を築く図書館

  • 郷土(ふるさと)の歴史と文化に親しみ、活用及び振興する図書館

整備基本計画

「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称)整備基本計画(PDF・2MB)

ミライon図書館 沿革

平成18年(2006)6月~平成19年(2007)3月

長崎県立図書館在り方懇話会を開催する。

平成22年(2010) 2月~平成23年(2011) 3月

長崎県立図書館再整備検討会議を開催する。

平成25年(2013) 3月

県教育委員会において「新県立図書館整備基本方針」が策定され、県立図書館郷土資料センター(仮称)を長崎市に、建替え予定の大村市立図書館との合築による県立図書館(仮称)を大村市に建設することが決定される。

平成25年(2013) 8月~平成25年(2013) 9月

新大村市立図書館整備検討懇話会を開催する。

平成25年(2013) 8月~平成25年(2013) 9月

大村市立図書館フォーラムを開催する。

平成25年(2013) 9月

大村市教育委員会において、「新大村市立図書館整備基本方針」が策定される。

平成25年(2013) 10月

長崎県教育庁 新県立図書館整備室が発足する。

平成26年(2014) 4月

大村市教育委員会 新図書館整備室が発足する。

平成26年(2014) 7月

「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称) 整備基本計画を決定する。

平成27年(2015) 7月~

平成28年(2016) 7月

「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」(仮称)基本設計及び実施設計を作成する。(設計者 佐藤総合計画・INTERMEDIA特定建設関連業務委託共同企業体)

平成29年(2017) 4月

「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」の建設工事に着手する。(施工者 戸田・上滝・堀内特定建設工事共同企業体 ほか)

平成30年(2018) 6月

「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」の施設愛称を「ミライon」(よみ:ミライオン)に決定する。

「長崎県立・大村市立一体型図書館」の愛称を「ミライon図書館」とする。

平成31年(2019) 1月

ミライon図書館が竣工する。

平成31年(2019) 2月

ミライon図書館のオープンを10月5日とすることを決定・公表する。

平成31年(2019) 2月

ミライon図書館への移転を開始する。

平成31年(2019) 4月

ミライon図書館の事務室機能の移転が完了する。

令和元年(2019) 7月

ミライon図書館部分開館

令和元年(2019)9月

ミライon図書館利用カードの事前登録申し込みの受け付けを開始する。

令和元年(2019)10月5日

ミライon図書館開館

令和2年(2020)3月

新型コロナウイルス感染症の影響により、高校生以下の入館を制限。(3月4日~4月17日)

令和2年(2020)4月

新型コロナウイルス感染症の影響により、臨時休館。(4月18日~5月18日)

令和2年(2020)5月

一部サービスを縮小し、開館。(5月19日~)

※県立長崎図書館及び大村市立図書館のそれぞれの沿革は、下記図書館要覧に掲載しています。

COPYRIGHT(C) NAGASAKI PREF. & OMURA CITY LIBRARY. ALL RIGHTS RESERVED